強風によって飛んでくる小石でガラスが割れたらガラス修理をしよう

台風被害によるガラスが割れてしまったら

台風による強風で、軽い物質が家に向かって飛んでくることがあります。傘などが強風によって勢いよく飛ばされ、窓に衝突してガラスが割れてしまうようなケースも少なくありません。台風の日に窓ガラスが割れてしまったら、台風が過ぎるまで割れた窓から入ってくる雨風に苦労してしまいます。そんな時に備えて飛来物によってガラスが割れた時の対処法と、ガラス修理を業者に依頼する時の大まかな流れを覚えておきましょう。

スリッパ・靴などを履いて避難

窓ガラスが割れてしまったら、二次災害を避けるため足を怪我しないように靴、スリッパなどを履き台風の進路状況を正確に把握して強風がやんだら避難しましょう。

ガラス屋さんにガラス修理の依頼

台風が過ぎ去ったあとに自宅に戻ったら、ガラスを無理に自分で修復しようとせず、ガラス屋さんに依頼してしっかり修理をしてもらいましょう。

被害場所に近づかずにガラスの処理完了を待つ

この時被害場所は、強風によって割れたガラス破片がどこに飛び散ったか分からない状況になっています。怪我をする可能性を0%にするためにも、むやみに動かないようにし、修理が終わるまで待ちましょう。

ガラス処理・退所後に被害状況の確認・保険相談

台風は風災にあたるので、自分が住宅保険に入っているかどうかを確認しましょう。ちなみに台風が原因での床上浸水は水災として扱われます。

次の災害に備えて対策をする

また同じような苦労をしないために、また次の被害を最小限に抑えるためにも、フィルターなどでガラスの強化を図りましょう。もしくはガラス業者にどのような対策法をとればいいか相談しましょう。

ガラス修理やガラス交換で丈夫な窓にする

割れたガラス

台風によって窓ガラスが割れたり、子どもが遊んでいる時に間違ってガラスを割ってしまったりした場合はガラス修理をしてくれる業者に依頼して解決しましょう。窓ガラスは台風の強風によって飛んでくる飛来物などが原因で割れることが多いと思います。台風による影響で割れた場合は、台風が完全に過ぎ去ったタイミングを狙って、窓ガラス修理をしてくれる業者に確実に直してもらいましょう。他にも子どもが間違ってガラスを割ってケガなどをしてしまう前に、前もって丈夫なガラスに変えるなど対策をしておくのが一番です。

家財被害を最小限にしたい!応急処置の方法とその後の対策について

雨や風から自分の家財を守るには、ブルーシートが役立ちます。ブルーシートを用いて割れた窓を塞ぎ雨が当たらないようにすれば、被害を大幅に抑えることができます。できれば子どもや女性に任せたりせず、お父さんをはじめとした男性陣が作業をするようにしましょう。

用意するもの

  • 軍手
  • 耐水の養生テープ
  • ベニヤ板か段ボール
  • 雑巾

自分でできることと業者に依頼すること

台風以外にも近くでボールを使ったスポーツをしている人のミスで、自宅の窓ガラスが割れてしまった場合は自分でガラスを直すようなことをしないようにしましょう。しかし、次の日が雨でどうしても応急処置を施す必要がある場合は、軍手や靴、ベニヤ板などを用意し作業に取り掛かりましょう。下手をすればケガをする可能性があるので無理をせず必要最低限のところまでやってから、あとはガラス修理をしてくれる業者に依頼して任せるのが得策です。

今後の対策はガラス修理より交換がオススメ

台風の被害に遭いやすい地域に住んでいる場合は、一般的なガラスではなく強化ガラスや飛散防止ガラスに替えておきましょう。これだけで修理を依頼する事態に陥る可能性が大幅に減ります。

強化ガラスの特徴

ガラス

強化ガラスは通常のガラスと比べて3倍~5倍の強度があるので、台風の強風によって飛んでくる飛来物にも十分耐えてくれます。また、ガラスにフィルムを張るという対策法もあります。フィルムをガラスに貼っておけば、万が一ガラスが割れたとしてもその破片を飛散させずに済む、という効果が得られます。

ガラス屋に相談

ガラスを持つ人

強化ガラスのような割れにくいガラスに替えると、ガラス修理をする機会が大幅に減ります。つまり、それと同時にガラスが割れることによって出てくる問題も起きなくなる、ということです。ガラスを替えたい場合は、ガラス屋にガラス交換の相談をしてください。今後のことを考えた上でガラス選びを手伝ってくれます。

TOPボタン