保険を使いガラス修理費を負担してもらうために

台風で割れたガラス修理における保険のアレコレと自費負担の目安

台風などの強風によって物が飛んできて窓ガラスが割れてしまうケースは多いです。その際に修理費用の保険が適用されるのかどうかが気になるところでしょう。 ⬛保険が適用外になることが多い

台風で割れた窓ガラスにかかる修理費用は、住宅火災保険の適用対象になりますか?
台風の強風によって飛んでくる飛来物で窓ガラスが割れた場合、住宅火災保険の適用外になる可能性があります。住宅火災保険は災害によって出た損害に対して必要な修理費が、20万以上かかった時に適用されるので、修理費がそれ以上になることがほとんど無いガラス修理では、保険が適用されないケースが多いです。

⬛保険を適用させるために一括申請しよう 保険を適用してもらえるようにするために、まず台風などの影響でテラスや瓦など家の破損している部位を探してみてください。破損した部位が見つかれば保険会社に電話をして保険金を申請するための書類を取り寄せましょう。

保険金を受け取るための申請は、どうやって行なえばよいですか?
火災保険を適用させるための保険金申請書類には、保険金請求書や事故状況説明書があるので、それぞれ正しく記入してください。そして屋根修理会社に依頼して、修理見積もり書と被害を受けた瓦などの写真も入手しておきます。保険金申請書類と修理見積もり書と被災した箇所の写真も一緒に申請書類として送り、申請完了となります。

⬛自費負担の目安 ガラス屋に依頼した時の修理費用の自費負担は一般的に約1万円です。普通のガラスではなくペアガラスでも最大5万円ほどが相場だといわれています。 ⬛保険適用のメリット

保険が適用できれば、実費負担0円で破損部分の修繕作業を行ってくれます。お金がかかるからとほったらかしにしていた箇所も、一括申請の対象に入れて保険が適応されることになれば、その箇所も含めてすべて無料で直してもらえます。利用しておいて損はないので、そのような状況に陥ったら迷わず使っておきましょう。

TOPボタン