強いガラスでもヒビが入ればガラス修理をする必要がある

割れないガラスは無い!誤解されている強化ガラス

強化ガラスは普通のガラスより強いから割れないと考え、安心しきっている人も少なくありません。台風などの強い風に対する耐久力や人がぶつかる時の衝撃などに強いのは確かですが、角のある硬い物体が勢いよくぶつかったりすると割れる可能性は格段に高くなります。

強化ガラスでも危険リスクはある

濡れたガラス

台風による強い風の影響で、あらゆる物体がどこからか急に飛んでくることがあります。飛んでくる物には傘や石などがあり、例えば石が飛んできてガラスに当たった場合、ガラスは簡単に割れてしまいます。強化ガラスも同様に石や傘の先が勢いよく当たれば割れる可能性があります。

ガラスを守る飛散防止フィルムがおすすめ

高い強度を誇る強化ガラスでも、物がぶつかってできたヒビが原因で、時間の経過とともに割れることがあります。「強化ガラスは最強だから大丈夫」と決めつけず、ヒビが入っていたらガラス修理をするようにしましょう。ガラスが割れても飛散しにくくなる、飛散防止フィルムを貼ると安全面を強化できます。

適切な台風対策でリスクを回避

天気予報で自分の地域に台風が接近していることを知った場合は、すぐに台風対策をとり被害を最小限に抑える準備をしましょう。台風が来た時に心配になるのが、家の窓ガラスや車の窓ガラスなどです。

窓ガラス別の対策

家の窓ガラス
窓ガラスが割れてしまう可能性を考慮して、窓ガラス飛散防止用シートを近くのダイソーなどから購入しておきましょう。飛散防止用シートを貼りつけることにより、もし窓ガラスが割れたとしてもガラスが飛び散るのを防いでくれます。
車の窓ガラス
車の窓ガラスを台風から守る対策として立体駐車場に停めるという方法があります。もし立体駐車場が無い場合は、分厚い毛布や車を覆う専用のシートなどで車を保護するように心がけてください。

どのような対策をしても、ガラスが割れてしまうことはあります。もし台風による影響でガラスが割れてしまったら、ガラス屋に適当な処置を依頼しましょう。

TOPボタン