ガラス修理の時に自分の環境に合ったガラスに変えてもらおう

ガラス別の対台風性能

ガラス屋で扱われているガラスを使用すれば、台風による強風によってガラスが割れることが少なくなります。ガラスが割れた時に必要になる労力も、ガラス修理を依頼することも自然と減るので、経済的にも精神的にもいいでしょう。

フロート板ガラス
一般的なガラスで、強度は大して強くないガラスです。台風による強風で飛んでくる小石などでも、貫通して割れてしまうことがあります。ガラスが割れた場合はその割れた破片があっちこっちに散らばり、ガラス片を回収するのに一苦労します。
網入ガラス
線入れガラスとも呼び、ガラスの中に網状のような線が入っているのが特徴です。破片が飛散する範囲はやや小さめです。フロート板ガラスと違い、石などの物質が飛んできても貫通するようなことが無い造りになっています。
合わせガラス
特殊フィルムがガラスにくっついているので、もしガラスが割れたとしても、割れたガラスの破片が盛大に飛び散るようなことがありません。特殊フィルムの接着力がかなり強力なため、石などが当たり割れたとしてもバラバラに地面に散らばるような心配は少ないです。
強化ガラス
フロート板ガラスと比べるとその強度は約3倍といわれているガラスです。強化ガラスは防犯対策としての期待もできます。もし強化ガラスが割れたとしても、フロートガラスのように鋭い破片が散らばったりはしづらく、細かい粒のようになって散らばるので、他のガラスに比べ破片による被害はかなり小さめです。

台風対策に最適なガラスはコレ!

台風に対して最も適した性能を持っているガラスは合わせガラスです。合わせガラスは割れたとしてもガラスの破片が飛び散らず、強風によって飛んでくる飛来物が家の中へ侵入するのを防ぐ効果があります。ガラスを変える場合はガラス屋に行き、合わせガラスに変えてもらいましょう。

TOPボタン